制作日記~Kaoru Mizuki

2018 09
08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 10
FC2ブログ
今年もよろしくお願いします
父の喪が明けておりませんので、新年のご挨拶はいたしません。ご無礼をお赦しくださいませ。

2018年は、昨年宣言しましたように、音楽の仕事へ完全復帰いたします。昨年末には、立ち位置をはっきりとさせるような出来事があり、今は進んでいくだけとなりました。私は、器楽、特にピアノの仕事を望んでおりました。しかし、1997年頃より約13年ほど、教育用合唱作品というご縁のない分野を手がけてしまいました。

元から全体主義といいましょうか、みんなでご一緒にというのは、大の不得意でした。義務教育も嫌いで、絶対に「学校で教える仕事だけはしない」と心に決めておりましたのに・・・思いとは裏腹な行動をとってしまいました。書いているときも、葛藤を抱きつつけていました。

上記の仕事を「やめる」と伝えたときには、「曲の演奏回数が少ないから、張り合いがなくてやめるのではないか?」などと言われたこともあります。そんなことはどうでもよく、とにかくあの世界から脱出したかったということが本音です。

2010年に教育用作品から撤退し、関係は切れたと思っていた、かつての会社から、4年ぶりにしつこく??連絡がきたこともありましたね。そういうめんどうなこと、嫌な気持ちから逃れられ、私生活にも決着がついたのが、昨年です。

西洋占術では、7年ごとに節目を迎えるといいますが、まさにそうでした。2017年に、新たな小道が目の前にひらけ、過去の嫌な思いが払拭されていくのを、感じました。念願であった、器楽の世界に、(教材なんかではなく)足を踏み入れることができると思うと、こんな嬉しいことはありませんでした。

しかも、マニアの世界ではなく・・・ポピュラリティのある世界へと入っていけるのは嬉しい限りです。これも、自作品を作っているという、自信から生まれたものであるのかもしれません。

今年は、自作品、他者の作品、2つの世界でやっていくと思います。2018年が終わるころ、余裕をもって振り返ることができるほどの年になると確信しております。

今後は器楽曲の編曲、演奏者のオリジナルのメロディに味付けを加えたりといった仕事をしていきます。そのようなご希望があれば、喜んでお引き受けいたしますので、ご連絡ください。お待ちしております。
スポンサーサイト
 その他 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→https://lyre465.blog.fc2.com/tb.php/427-45ea3a03